自由と自己責任のフリーランス

フリーランスという生き方は、その名前からもわかるように自由が大きいのが何よりの魅力です。
決まった出勤時間などありませんし、出勤そのものが必要というわけでもありません。

仕事のやる気がなければ休むこともできますし、人から雇われているよりも多くの自由があります。



しかし、自由が大きい一方で何をするにしても自己責任というのがフリーランスの欠点ともなっていて、仕事があるときには休みたくても休むことができませんし、仕事がなければ完全に収入が途絶えてしまうことになりますから仕事がない人は年中無休で働き続けなければならなくなります。



サラリーマンであれば会社の都合によってやることがなくなっても、会社が潰れない限りは給料を手にすることができます。



フリーランスの場合には仕事がなければ完全に無収入となってしまいますから、多くの人は仕事探しに奔走をすることになります。


稼ぐ能力がありどこからも引く手数多という人であれば仕事を選ぶことができ働きたい時に働くことができますが、そうでないのであればサラリーマンの方が楽だというケースも少なくありません。
どれだけ忙しくても自らの力でお金を稼いでいるという矜持を持つことができるというメリットも有りますから、年中無休であってもフリーランスの方が良いという人もいますが、基本的には大きな自由の代わりの全てが自己責任となっていて実際には多くのフリーランスが自由もなく働き通しています。