新米のフリーランスは契約書の確認を徹底すること

フリーランスになりたて、新米のフリーランスにとってつい忘れがちなのが契約書を見ずにサインしてしまうということです。

契約書には様々なことが書かれており、仕事の依頼をする人によっては契約書すら用意せず、口約束のようなもので契約をしてしまうということがあります。

こうなってしまうと、言った言わないの泥仕合になり、その業界内で悪評が立つことになります。

いくらその人が信頼できる人であっても、契約書はきっちり交わしておくことが大切であり、その際に中身の確認をすることが必要となります。



陥りやすい事案としては、減額要求です。

その対象となるのは納期遅れ、何かしらのミスが見つかった場合などで、それによって報酬が減額されることがあります。

契約書に書いていない場合には無効となりますが、書いている場合にはそれを了承してサインをしたということになるため、いくら理不尽な要求であったとしてもどうしようもありません。

最悪の場合は納期遅れの瞬間に契約を打ち切られるということもあり、それらも契約書に書かれていることがあります。



フリーランス、特になりたての場合には必ず契約書には目を通すということが必要になります。



契約書に目を通すことで、不利なことも書かれていることがあり、それを指摘するだけで仕事がもらえなくなることもあります。

しかし、知らずに仕事して理不尽なことを言われるより、書かれていることを知った上で仕事をした方が納得できるものなので、契約書の確認は徹底することが求められます。