フリーランスで出発する場合は

ある企業に何年か勤めたあとに会社を退社して独立して独自に仕事をとって行く場合、これをフリーランスで働くと呼ばれたりします。



よく知られているのはテレビ局に入社して勤務したあと退社してフリーアナウンサーになったり、出版社に勤めたあとに退社して評論家や作家などの道で生活して行く場合があります。


フリーランスといってもそれなりにその分野でのスキルを身に付けておかないと中々仕事をこなして行けるとは限りません。
同時に自己管理も大切で健康管理や自己コントロール能力、時間にも対処できる能力が求められます。



そしてコミュニケーション能力やマーケティング的な発想能力、ビジネスマナー、自分に欠けた所があればそれに気づいて直して行くことも求められます。事業を始めるにあたっては税務署への事業の届けをしておくことも必要ですし、確定申告においては経費の考え方も関係して来ますので常にコスト意識を持つことは重要です。
さしあたって自宅で始めるとか、格安のレンタルバーチャルオフィスを利用することも出来ます。

住所や電話番号もとれ会議室も備えたもので、自宅ではない都心の一等地に場所を構え、名刺もその住所地にできて郵便物も届けてくれビジネスを行う上で多くのメリットを持っています。

フリーランスは将来厚生年金がもらえるわけではなく、国民年金加入者となりますからその毎月もらえる年金額も限られ、その時期に備えて貯蓄を重ねる、あるいは国民年金基金にも加入するとかその他の方法も検討して置く必要もあります。