お金の管理がフリーランス人生を左右する

サラリーマンなどは税金の管理にそこまで関心がなく、お金の管理となっても、奥さんがいるところであれば奥さんに任せる、自らの場合にはある程度自分の中で計算してどんぶり勘定で考えるという人が大半ですが、フリーランスの場合には税金の管理には重大な関心を持ち、どんぶり勘定で計算するというのはもってのほかです。



フリーランスは、仕事でのお金のやり取りなども自ら行うことになります。
そのため、うっかり支払期限を過ごしてしまった、いつのまにか残高がなかったということも考えられます。


仕事ぶりがどれだけ立派でもお金がルーズであれば簡単に信用を失うことになってしまうため、その管理は徹底しなければなりません。



そこでやるべきこととしては、領収書をその日のうちに処理しておくということです。


多くのフリーランスは税金の申告の段階になって急いで領収書を処理しようとしますが、記憶もあいまいになり、量の多さも相まって適当になりがちです。


これではヒューマンエラーも発生しやすく、結果として税務署に指摘されることも考えられます。
また、お金の管理という点でもルーズすぎて、その流れをつかむことすらできなくなります。



その日に発生した領収書をきっちり処理しておくことで、特定の時期になった場合、仕事どころではなくなるといったことを回避できるだけでなく、仕事に専念できる時間を確保することができます。

1日数分、時間を設けることで領収書に泣かされることもなくなり、フリーランス人生も円滑に進みます。