船橋における葬儀と火葬

  • 船橋における葬儀と火葬

    • 千葉県船橋市において葬儀をする場合ですが、通常は仏教の伝統的な形式にのっとって、通夜と告別式を執り行い、その上で式場から参列者の見送りを受けて火葬となります。

      船橋で葬儀の最新情報を紹介します。

      特にこの火葬のタイミングは地域により違いが生じることがあり、たとえば通夜が終わればすぐに火葬をし、遺骨の状態で告別式が執り行われるパターンもあります。



      しかし船橋市の場合は通常は告別式後の火葬となりますので、その点では他の地域と大きく異なるケースも想定されます。



      船橋市での葬儀の式場ですが、ある程度の参列者数の多さを見込んで、民間の葬儀社で運営しているようなセレモニーホールを貸し切ることが一般的なありかたです。この場合には告別式が終了した後、火葬場まで御棺を搬送する必要があるため、霊柩車などの特別な車両を準備しておくこともたいせつです。

      火葬には亡くなった人の遺族やその他の親族が立ち会うのも普通のことですので、セレモニーホールから火葬場までを往復できるようなマイクロバスなども同様に準備しておくことになります。

      これらは喪主が独自に用立てるというよりも、船橋市内の葬儀社であらかじめ依頼をしておくのが確実です。
      また船橋市内には公営の斎場もあり、火葬場に併設されていますので、告別式から火葬までの移動の手間をできるだけ回避するのであれば、公営斎場を利用する手段もあります。

      ただしこの場合は逆に遺体を斎場まで搬送するための手間のほうがかかります。


  • 葬儀の皆が知りたい情報

    • 船橋市内で葬儀を執り行う場合ですが、そもそも千葉県内のなかでもかなりの大都市なだけに、遠方から集まってくる弔問客からも確実に式場の位置がわかるようにしておくことが大切となります。そのため船橋市内で葬儀をする場合の式場としては、民間の葬儀社で施設の設置と管理を行っているセレモニーホールが利用されるケースが多くを占めています。...

  • 葬儀をもっと知る

    • 葬儀の形態にはいくつものバリエーションがありますが、船橋市内では家族葬のような新しい形態のものも出てきています。家族葬は文字通りに家族が中心の小規模な葬儀のことを指しており、最近の船橋市内ではめずらしくなった自宅を式場とした葬儀となる場合もあります。...

  • 葬儀の意外な事実

    • 千葉県の船橋市内での葬儀に参列する場合ですが、原則として黒系統のスーツやワンピースを着用し、数珠を手に持ち、忌み言葉の使用は避けるなどの仏教形式の葬儀の一般的なマナーはやはり守る必要があります。船橋市は東京都心にも近く、あまり地域独自の伝統的なスタイルを重視するというよりも、むしろ全国的に一般化されたスタイルで葬儀を執り行うことが多くなっていますので、通常はこの程度のマナーがわかっていればそれほど問題になることはありません。...

  • 葬儀の事柄

    • 船橋で葬儀と告別式を別に行う場合には、葬儀の終了時と告別式の終了時いずれも導師が登場した後に、喪主か遺族代表があいさつをします。この場合葬儀の終わりには喪主が、告別式の終わりには遺族代表があいさつするケース、あるいは葬式終了時のあいさつは略すなど式次第の組み立て方によっていろいろになります。...

top